大切なもの。

 

 

 

特別な動機がないと、思想はなかなか変えることはできないものです。

 

私は人と少し考え方が違うかもしれません。しかし、未来の日本は、私の考え方がもっと普通になっていると思います。

企業が社会に何を送り出すことができるか。私はいつもいつもそれを探し続けています。

 

いま多くの日本人が生きている、そんな生き方と同じ生き方をしないほうがいい。

それが、いい生き方になるといったら、逆説すぎるだろうか。 

 

私は、自分の知能と経験とアイデアと人脈を、真に悩む企業に対してのみ、使いたい。

また、その報酬は決して安くはありません。そして、意味の無いことはしません。

卑怯者によって、踏み躙られた、正直な企業を全面的に助けたいと思っています。

 

 

 

私は大学生の頃から、飛び込みで新規開拓をしました。何がお客様にとって大切かを知っています。

 

広告に関しては、個人的には簡単で面白いからやっています。

 

角度を変えて見る力を、多様性を、自由な発想を、豊かな心を、いつの日にか日本にも。

 

20年前に、ロサンゼルスで30ドルで買った自転車で企業訪問を毎日していた時に出会った企業が今の当社の大切なお客様

であり、かけがえのない親友であります。

 

今後は、個人のお客様の笑顔のために少しでも貢献できることを目標に致します。

 

当社は皆んなが、世界を見て、少しずつ背伸びをした、そんな若々しい集団でありたいと願います。

 

私事ですが、地域社会に貢献する善良な企業と社長を今後より沢山社会に創出することを楽しみに致しております。 

 

 

ハーレーの集団に囲まれながら、共にセドナからベガスに走った、そんな時代の喜びをいつも、いつの日も感じていたいのです。

 

一日一日が新しい彩りをもって息づき、 怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むことのできる人の集まりを求めます。

 

 

この世には、『絶対』などありません。

 

安定を求めるよりも、チャンスを探し求める勇敢な方々に出会えることを楽しみにしております。

 

私の青春時代の数多くの仲間たちが、今、世界各国の企業の要職についており、北米、アフリカ、サウジ、オマーン、中国、

オーストラリア、ドイツ、メキシコなどでアッと驚くミラクルをいとも簡単に成し遂げることも可能です。

ぜひ、お楽しみください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                        CEO    濱田 穣